令和2年度環境調査結果の公表について

このページを印刷する
担当課 地域環境課
担当者名 若松、毎原、松永
電話番号 直通:095-895-2356
内線:2356

                                                  令和2年度環境調査結果の公表について

 

  • 大気汚染防止法、水質汚濁防止法、ダイオキシン類対策特別措置法等に基づき、令和2年度に長崎県、長崎市、佐世保市及び関係機関で実施した、県内の大気、水質、ダイオキシン類の調査結果について、以下のとおりお知らせします。
  • 大気については、3月の黄砂の影響等で、浮遊粒子状物質の環境基準を超過した測定局が増加しています(R元年度:1局 ⇒ R2年度:13局)。
  • 水質については、降雨等の影響で、海域のCODの環境基準適合率が減少しています(R元年度:92.1% ⇒ R2年度:75.0%)。
  • ダイオキシン類については、自主測定の結果、1施設で排出基準を超過しました。
  • その他は、昨年度と概ね同様の傾向となっています。 

1.大気環境調査結果

(1)一般環境大気測定局

・二酸化硫黄、二酸化窒素、微小粒子状物質は、全局で環境基準を達成

(R元年度:3物質とも全局で環境基準達成)。

浮遊粒子状物質は11局、光化学オキシダントは26局すべてで環境基準を超過

R元年度:浮遊粒子状物質1局、光化学オキシダント26局で基準超過)

(2)自動車排出ガス測定局

・二酸化硫黄、二酸化窒素、一酸化炭素、微小粒子状物質は全局で環境基準を達成し、浮遊粒子状物質2局で環境基準を

超過。(R元年度:全て環境基準達成)

(3)有害大気汚染物質調査結果

・環境基準設定項目、指針値設定項目については、全ての地点で環境基準達成、指針値未満(R元年度:全て基準等適

合)。

・その他の項目は、令和元年度全国調査結果と同等もしくはそれ以下。(R元年度も同様)

本編[PDFファイル/449KB]

資料編[PDFファイル/595KB]

2.公共用水域及び地下水の水質測定結果

(1)公共用水域(河川、海域等)調査結果

健康項目(重金属等)の環境基準適合率

  99.2%(R元年度:99.2%)

生活環境項目の環境基準適合率

・BOD(河川)又はCOD(湖沼、海域)

 河川:96.6%(R元年度:100%)、湖沼(COD):0%(R元年度:0%)、海域:75.0%(R元年度:92.1%)

(2)地下水調査結果

概況調査における環境基準適合率:100%(R元年度:100%)

汚染井戸周辺地区調査における環境基準適合率:100%(R元年度:100%)

継続監視調査における環境基準適合率:54.5%(R元年度:55.8%)

 本編[PDFファイル/20KB]

 資料編[PDFファイル/2MB]

3.ダイオキシン類調査結果等

(1)環境調査結果

・県内64地点全ての地点で環境基準に適合(R元年度:全て基準適合)

(2)自主測定結果

(大気関係)

・自主測定の対象となる68施設のうち、67施設が排出基準に適合。

(R元年度:全て基準適合)

基準超過した1施設(小値賀町ごみ焼却場)は、施設の使用を停止し、点検、改善を実施。5月に排出基準に適合している

ことを確認し、再稼動。

(水質関係)

・自主測定の対象となる2事業場とも排出基準適合(R元年度:全て基準適合)

(3)排出ガス・排出水調査(行政検査)

調査した4施設全てで排出基準適合(R元年度:全て基準適合)

 本編[PDFファイル/34KB]

 資料編[PDFファイル/514KB]