長崎県

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録2周年記念パネル展の開催について


担当課 世界遺産課
担当者名 隅田、加藤
電話番号 直通:095-894-3171
内線:4529
2020年6月30日更新

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が 2018 (平成 30 )年7月 4 日に世界遺産に登録されてから2周年となるのを記念して、構成資産の各地域で実施されている、世界遺産を通じた保存活用の活動やふるさと教育など、地域・世代をつなぐ取組を紹介するパネル展を以下のとおり開催しますのでお知らせします。

なお、もう一つの世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」も 2015 (平成 27 )年に登録され、今年5周年を迎えます。

期間

令和2年7月3日(金曜日)から10日(金曜日)まで(最終日は午後5時まで)

なお、構成資産の模型展示は午前9時から午後5時45分までです。(最終日は午後5時まで)

会場

県庁行政棟1階イベントエリア

展示内容

  • 潜伏キリシタン構成資産パネル、産業革命遺産の構成資産パネル
  • 潜伏キリシタン関連遺産の構成資産模型12個
  • 保存活用の取組の紹介パネル
    • ふるさと教育(県内小中学校におけるモデル授業紹介)
    • 県内2大学における取組
    • 各地域の取組

 

先頭に戻る

メニュー