長崎県

JR長崎本線(長崎駅から浦上駅間)の高架化について


担当課 都市政策課
担当者名 緒方、森
電話番号 直通:095-894-3033
内線:3033
2019年12月13日更新

長崎県が九州旅客鉄道株式会社と進めてまいりましたJR長崎本線連続立体交差事業により、令和2年3月28日(土曜日) に長崎本線(長崎駅から浦上駅間)が高架線路に切り替わり4か所の踏切が除却され、長崎駅と浦上駅の新駅舎が開業しますのでお知らせします。

また、新しい長崎駅舎の周辺では、引き続き九州新幹線西九州ルート整備事業や長崎駅周辺土地区画整理事業が工事中であることから、かもめ広場方面へのアクセスとして仮設の歩行者通路により迂回することとなりますのであわせてお知らせいたします。

事業概要

事業主体 長崎県
延長 約2.5キロメートル
除却する踏切 幸町踏切・宝町踏切・梁川橋踏切・竹岩橋踏切
事業施工期間 平成21年度から令和3年度(高架切替え・新駅舎の開業後、既存の鉄道施設を撤去し、道路等を整備)

 

事業の効果

長崎本線の長崎駅から浦上駅間の約2.5キロメートルにおいて鉄道を高架化し、1日当たり3時間56分遮断されていたブリックホール前の踏切など、全部で4か所の踏切を除却することにより、交通渋滞や踏切事故の危険性が解消されるとともに、東西市街地の一体化によるまち全体の発展やにぎわいの創出が期待されます。

高架切替の日時

令和2年3月28日(土曜日)

長崎駅開業時の歩行者通路

長崎駅開業時の歩行者通路については『長崎駅開業時の歩行者通路について[PDFファイル/404KB]』を参照ください。

新しい駅舎の特徴

構造

ホーム

バリアフリー設備

長崎駅 鉄筋コンクリート造 高架下駅 2面5線 多目的トイレの設置、各ホームにエスカレーターとエレベーターを設置
浦上駅 鉄筋コンクリート造 高架下駅 1面2線 多目的トイレの設置、各ホームにエスカレーターとエレベーターを設置

長崎駅のイメージ

長崎駅舎外観パース

長崎駅舎内観パース

注意 このイメージは設計段階のものであり、実際の仕様とは異なることがございます。

先頭に戻る

メニュー