長崎県

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(介護分)について


2020年8月4日更新
  • 事業目的

    介護サービスは高齢者やその家族の生活を支え、高齢者の健康を維持する上で不可欠なものであり、重症化リスク
    が高い高齢者に対する接触を伴うサービスであるという特徴を踏まえ、最大限の感染症対策を継続的に行いつつ、
    必要なサービスを提供する体制を構築する必要があるため、事業所への支援や職員への慰労金を支給します。

感染症対策を徹底した上での介護サービス提供支援事業

介護サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

  • 事業内容

    介護サービス事業所・施設等に勤務する職員は、感染すると重症化するリスクが高い利用者との接触を伴うこと、
    継続して提供することが必要な業務であること、及び介護施設・事業所での集団感染の発生状況を踏まえ、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付する。

  • 支援対象サービス

    支援対象サービス一覧(慰労金)[PDFファイル/3KB]

  • 支援対象者

    次の(i)及び(ii)に該当する者が対象となる。

    (i)介護サービス事業所・施設等に勤務し、利用者と接する職員

    (ii)次の1と2のいずれにも該当する職員

    1  介護サービス事業所・施設等で本県における新型コロナウイルス感染症患者1例目が発生した令和2年3月14
       日から令和2年6月30日の間に通算して10 日以上勤務した者
    2  「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員

    ※慰労金の給付は、医療機関や障害福祉施設等に勤務する者への慰労金を含め、1人につき1回までに限る。

  • 支援額(1人1回まで)

    ・感染者、濃厚接触者に実際サービスを提供した場合などは、20万円

    ・上記以外は、5万円

介護サービス再開に向けた支援事業

手続き等

  • 申請期間

    令和2年7月21日から令和3年2月28日まで

    ※ただし、申請期間中の各月15日から末日までの間に申請を行ってください。

  • 申請方法

    (長崎県国民健康保険団体連合会に対して、介護報酬の請求可能な事業所・施設等の申請方法)

    電子請求受付システムによるインターネット申請を行ってください。なお、インターネット申請を行ったことがない事業所については、国保連が本システムの「ID、仮パスワード」を発行することでインターネット申請が可能です。
    ※インターネット申請ができない事業所に限り、電子媒体(CD)による申請も可能です。

    電子請求受付システム(外部サイトへ移動します。)

    (長崎県国民健康保険団体連合会に対して、介護報酬の請求ができない事業所・施設や個人等の申請方法)

    長崎県長寿社会課(長崎市尾上町3-1)宛て書面にて、申請を行ってください。

  • 申請書様式

     申請書様式(共通)[ZIPファイル/97KB]

     ※申請書の様式については、ZIPファイル化しておりますので、ダウンロードのうえご使用ください。

    代理受領委任状[Wordファイル/18KB]

    慰労金申請書(個人用)[PDFファイル/175KB]

    ※個人で申請を行う場合は、申請時に前職場からの勤務証明が必要ですので、ご留意ください。

    事業所・施設等申請マニュアル(介護分)[PDFファイル/1MB] (8月3日掲載)

よくあるお問い合わせに対するQ&Aついて

参考資料

このページの掲載元

  • 長寿社会課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2431
  • ファクシミリ:095-895-2576
先頭に戻る

メニュー