長崎県

高等学校卒業程度認定試験の内容と受験手続について教えてください


2020年12月11日更新

高等学校卒業程度認定試験とは

高等学校卒業程度認定試験は、高等学校を卒業していないなどのため、大学等の受験資格がない方に対し、高等学校卒業者と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験であり、年2回実施しています。また、合格した科目は累積されるため、一度に全ての科目を合格する必要はなく複数回に分けて受験することも可能です。合格者には大学・短大・専門学校の受験資格が与えられるだけでなく、高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され、就職,資格試験等に活用することができます。ただし、最終学歴は高等学校卒業とはなりません。
※試験で合格点を得た方が満18歳に達していないときには、18歳の誕生日の翌日から合格者となります。

受験資格

受験しようとする試験の日が属する年度終わり(令和3年度試験については、令和4年3月31日)までに満16歳以上になる方。高等学校等に在籍されている方も受験可能です。高等学校卒業者や大学資格検定・高等学校卒業程度認定試験合格者など、既に大学入学資格を持っている方は受験できません。

受験料

  • 7科目以上受験・・・・・・・・・・・・・8,500円
  • 4科目以上6科目以下受験・・・・6,500円
  • 3科目以下受験・・・・・・・・・・・・・4,500円

出願に必要な書類等

  1. 受験願書・履歴書
  2. 受験料(収入印紙)
  3. 写真2枚(サイズは縦4cm×横3cm)
  4. 住民票または戸籍抄本の原本1通(本籍地記載のもの)
  5. 科目合格通知書の原本(一部科目合格者のみ)
  6. 試験科目の免除に必要な書類(該当者のみ、例えば高校の単位修得証明書等)
    出願については簡易書留郵便で郵送(その他の方法は不可)
    ※詳細については、受験前に発行される「受験案内」 の「出願書類一覧表」を確認してください。

外部リンク:高等学校卒業程度認定試験ホームページアドレス(文部科学省ホームページ)
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/index.htm

このページの掲載元

  • 高校教育課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3352
  • ファクシミリ:095-824-5965
先頭に戻る

メニュー