長崎県

Q県外から公立高校を受検するには,どんな手続きが必要ですか


2020年12月7日更新

資格(次の各項のいずれかに該当する者)

1.保護者等(注1)の住所が本県にある者
2.入学時に保護者等が本県に居住する見込みの者
3.保護者等が志願学区内に転住できない場合、保証人(注2)を確保できている者

(注1)「保護者等」とは、親権を行う者又は未成年後見人もしくはこれに準ずる者(祖父母や親戚)
(注2)「保証人」とは、志願学区内に居住する成年者で、入学後に生徒の日常生活に関わりを有することができ、別途定める「保証人に関する取扱要綱」により教育長が認める者をいう。

※上記1から3のうち、どの項目に該当するかを確認しますので、
志願の手続き等を行う前に県教育庁高校教育課(電話 095-894-3354)までお問い合わせください。

志願の手続き

県外からの入学を志願する場合、まず、本県教育庁高校教育課及び志願先高等学校に電話で申し出てください。

【※令和3年度長崎県公立高等学校入学者選抜の申出期間】
・前期選抜A特色選抜:令和2年12月2日(水)まで
・後期選抜:令和3年1月15 日(金)まで

以下の提出書類を本県教育庁高校教育課長あてに提出し、あらかじめ承認を受ける必要があります。

1および2の志願者
・県外特殊事情承認願
・証明書類(保護者等の住民票の写し、本県への転勤証明、保護者に準ずる者については志願者と保護者等の続柄・間柄を証明するもの等)

3の志願者
・県外特殊事情承認願
・保証人届
・欠格条項調査書
・保証人の住民票の写し

ただし、次の場合は、承認の手続きを要しません。
1.定時制(夜間部・昼間部)及び通信制の課程を志願する者
2.旧年度卒業の志願者で、その保護者が現在本県に居住している者
3.離島留学制度に係る実施校の該当学科・コース等を志願する者

その他・留意事項等

1.「県外特殊事情承認願」などの様式は、入学者選抜実施要領とあわせて県教育委員会のホームページから取得してください。
なお、必要書類の郵送を希望するときは、郵送料(簡易書留料を含む)が必要です。(電話にてお問い合わせください。)

2.「県外特殊事情承認願」は、在籍(又は出身)中学校長の事実の証明を受けなければいけません。

3.「保証人届」は、志願先高等学校長の副申を受けなければいけません。

4.「県外特殊事情承認願」の受付期間は、入学者選抜実施要領にて確認してください。

【※令和3年度長崎県公立高等学校入学者選抜の受付期間】
・前期選抜A特色選抜:令和2年12月9日(水)から令和2年12月28 日(月)まで(必着)
(この期間に前期選抜A特色選抜と後期選抜を合わせて申請することができます。)
・後期選抜:令和3年1月22 日(金)から令和3年2月9日(火)まで(必着)

5.審査の結果は、本県教育委員会から直接在籍(又は出身)中学校長へ通知します。

6.特殊事情を承認された場合、承認印のある「県外特殊事情承認願」を「入学願書」に添えて、志願先高等学校長に提出してください。

7.その他の手続きは、県内からの志願に準じます。

このページの掲載元

  • 高校教育課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3352
  • ファクシミリ:095-824-5965
先頭に戻る

メニュー