長崎県

観光関連産業「生産性向上セミナー」の開催について


2019年5月13日更新

  県では、増加する観光客の受け皿であるとともに、地域の経済・雇用を支える重要な産業である観光関連産業(宿泊業・飲食業・小売業等)の生産性向上に向けた取組を支援する「長崎県宿泊業等生産性向上促進支援事業」を平成28年度から実施しており、今年度が本事業の最終年度となります。
 本年度は、下記「セミナー概要」のとおり、生産性向上についての考え方や先進事例の講演、生産性向上に向けた推進計画(以下、推進計画)を作成する実践形式のセミナーを開催します。

 セミナーは、これまでの参加事業者のご意見等を踏まえ、県内2箇所(長崎、佐世保)で2日間ずつ短期集中開催するとともに、座学の場に加えて、セミナー講師や先に本事業により生産性向上に取り組んだ事業者との意見交換・情報共有の機会を設けております。
 ご都合により参加がかなわない事業者におかれましては、WEBによる受講も可能としております。(事前の申込が必要です。)

 観光関連事業者の皆様はもちろん、商工団体をはじめとする支援機関等の皆様にも参考となる内容となっております。皆様のご参加をお待ちしております。

 なお、優れた推進計画に基づき生産性向上に資する事業に取り組む事業者に対して、補助金(※)やフォローアップによる支援を行います。(補助金の交付先は、宿泊業のみを対象とし、審査により決定します。)

セミナー概要

1. 受講対象

県内において観光関連産業(宿泊業・飲食業・小売業・運輸業)を営む事業者及び支援機関の方(経営者、担当者)

※推進計画作成支援セミナーについては、事業実施方法の改善、新たなサービスの提供など現在の経営の見直しや改革が必要となりますので、できるだけ、経営者、経営幹部の方等のご参加をお願いします。

2. スケジュール 

 

内容 長崎会場 佐世保会場
1.生産性向上セミナー
  テーマ『常識を変える”効率化の先にある新たな価値の創造”(仮)』
 (株式会社一の湯 代表取締役社長 小川尊也氏)

 箱根の老舗旅館「一の湯」。寛永7年創業の老舗温泉旅館「一の湯本館」を中心とし、現在箱根に7施設(塔ノ沢、仙石原、芦ノ湖)の旅館とホテルを運営している。
 父親は15代社長の晴也氏。15代は倒産寸前の旅館を引き継ぎ、経営を大刷新。奇跡の復活を遂げ、その軌跡は漫画になったほど。講演も人気があり、業界では名物社長であった。現在は相談役として経営の座を昨年8月、尊也社長に譲っている。
 その後を継いだ尊也社長が目指すのは“宿泊による日常生活提案”。「一つ先を行く価値」と「革新と進化」を掛け合わせて「宿泊の常識を変え、宿泊によって日常生活の豊かさを提案する」という指針を会社経営の中心に据えている。常に人のために、社会貢献のために、お客さまと共に前進して行きたい、と全社一丸となって考えている。

6月11日(火曜日)
10時00分から13時00分

【会場】
長崎商工会議所2階ホール

【定員】
70社

6月12日(水曜日)
10時00分から13時00分

【会場】
佐世保第一ホテル会議室(鶴+亀)

【定員】
50社

2.事例発表会

 平成28年度から30年度に生産性向上に取り組んだ事業者による事例発表を予定しております。

6月11日(火曜日)
13時45分から15時30分
【会場】
長崎商工会議所2階ホール
6月12日(水曜日)
13時45分から15時30分
【会場】
佐世保第一ホテル会議室(鶴+亀)
3.意見交換会

 1、2の講師・発表者と意見交換・情報共有する機会です。

6月11日(火曜日)
15時30分から17時00分
【会場】
長崎商工会議所2階ホール
6月12日(水曜日)
15時30から17時00分
【会場】
佐世保第一ホテル会議室(鶴+亀)
4.推進計画策定支援セミナー

 ・事業環境分析と課題の抽出
 ・戦略の立案とシミュレーション
 ・アクションプランの作成とモニタリング

6月12日(水曜日)
10時30分から17時00分

【会場】
長崎市立図書館1階
新興善メモリアルホール

6月13日(木曜日)
10時30分から17時00分

【会場】
佐世保第一ホテル会議室(鶴+亀)

 (注意)セミナーの詳細は、変更になる場合があります。

3. セミナー申込方法・パンフレット

  申込書をダウンロードの上、 必要事項を記入し、事務局(有限責任監査法人トーマツ)までファクシミリ(092-751-8990)にてお申込みください。
 ※申込み締め切りは、各セミナー前日までとなっております。
 
 セミナー申込書[PDFファイル/875KB]  

パンフレット_観光関連産業「生産性向上セミナー」[PDFファイル/1MB]

(※)長崎県宿泊業生産性向上支援補助金

  補助金については、生産性向上推進計画を策定し、付加価値向上年3%以上を目標とする取組を実施する事業者を公募により選定し、1社あたり5,000千円を上限、補助率は2分の1以内とします。
  補助対象経費は、専門家委託料、専用ソフトウェア購入等のソフト事業にかかる経費です。
  第1回の公募は、県のHPに掲載(平成31年4月3日から)しており、第2回公募は6月中旬から8月中旬までの予定です。
  詳細につきましては、別途、公募要領等を掲載しますので、そちらをご覧ください。

  第1回公募についてはこちらをご参照ください。

生産性向上の取組事例(宿泊業)

  「長崎県宿泊業生産性向上支援補助金」を活用した生産性向上の取組事例を県のHPに掲載しております。 

このページの掲載元

  • 経営支援課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2651
  • ファクシミリ:095-895-2580
先頭に戻る

メニュー