ながさき「にこり」第19号(平成25年6月号)

このページを印刷する

にこり第19号表紙 

表紙

黒島で採れた玉ねぎ。鉄分を多く含んだ赤土で育った黒島の野菜は甘くて美味しい。

受け継がれる遺産

世界遺産登録を目指す「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」とは何か。長崎総合科学大学教授・工学博士の林一馬(はやしかずま)氏にその魅力を分かりやすく解説していただいた。

ふるさと再発見

佐世保市の西に位置する「黒島(くろしま)」は島民約470人の約9割がカトリック信徒。今回は信仰と共に生きる黒島の人々を通して、「幸福とは」「生きるとは」を考えさせられた旅を紹介する。今も語り継がれる受難と奇跡の復活を遂げた島には、絶景や人々の笑顔、おいしいものが溢れていた。

恵みの歳時記

海水を使って家庭で作られる「黒島どうふ」。島内には豆腐屋もなく購入できない幻の豆腐は、夫婦の見事な連係プレーで生み出されていた。豆腐作りの体験もできるという「黒島どうふ」の秘密に迫る。

プレゼント

 読者アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、宿泊券や海の幸詰め合わせ、手延そうめんなどをプレゼント。

マップ・アクセス

トピックス

県ソウル事務所開設、長崎県民歌「南の風」が生まれ変わりました、「2013 長崎しおかぜ総文祭」100日前記念イベント、歴史ガイドブック「旅する長崎学」最終刊発売。

デザインのモノがたり

長崎デザインアワード2012大賞。やわらかな肌触りとナチュラルな風合いのベビー服。赤ちゃんにもママたちにもやさしいこのベビー服は、既製品に納得いかない若いデザイナーの飽くなき探究心が生み出したものだった。

裏表紙

文化部のインターハイとも言われる「全国高等学校総合文化祭」が、7月31日(水曜日)から8月4日(日曜日)にかけて県内各地で開催される。

 関連リンク

長崎から世界遺産を

漁師の宿喜久屋旅館(外部サイトへリンク)

民宿つるさき(外部サイトへリンク)

黒島めぐる(外部サイトへリンク)

マルマイユ(外部サイトへリンク)

 

このページの掲載元

  • 広報課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2021
  • ファックス番号 095-828-7665