EMC設計/対策を効率化できる考え方に関する技術セミナーのオンライン開催(9月16日)

このページを印刷する

 

 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 工業技術センターの業務について、日頃よりご支援、ご協力を賜り厚くお礼を申し上げます。
 工業技術センターでは、県内企業等への技術情報の提供を目的に、各種技術セミナーを開催しております。
 今回、表題の技術セミナーを下記のとおり開催しますので、ご多用中とは存じますが、是非、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

日時

 令和4年9月16日(金曜日)、午後1時30分から4時まで

開催方法

 WebEXによるオンライン開催

内容

 EMCの現場で、「シミュレーション結果と実測があわない?」「EMC設計/対策ルールを適用したのにノイズが落ちてない?」というような問題でお困りの方も多いと思います。解析方法や設計ルールが間違っていると考えがちですが、実際は、解析やルールを適用する上での成立条件を「間違っていることに気づいていない」場合がほとんどです。この検討を効率化するためには、「数式の展開力」ではなく、ノイズ放射の「直感的な理解」が重要になってきます。
 本セミナーではその「考え方」について、株式会社IDAJから講師をお招きし、多くの企業で採用実績のある技術研修コンテンツを一部交えながら解説いたします。

  • 講師
    株式会社IDAJ MBD推進室 スペシャリスト 山本 悦史 氏

 詳しくは、開催案内[PDFファイル/221KB]を御覧ください。

参加費

 無料

申し込み方法

 電子メールにて、本文に以下の事項をご記入の上、令和4年9月12日(月曜日)までに下記「担当および連絡先」に記載の電子メールアドレスまで送付ください。お申込みいただいた方には、電子メールにてWebEXミーティング招待状をお送りいたします。

  1. 会社または団体の名称
  2. 部署名
  3. 役職
  4. 氏名
  5. 所在地
  6. 電話番号
  7. 電子メールアドレス

担当および連絡先

〒856-0026 長崎県大村市池田2-1303-8
長崎県工業技術センター
 電子情報科 田中 博樹
 電話:0957-52-1133、ファクシミリ:0957-52-1136
 電子メール:tanaka_h@tc.nagasaki.go.jp

このページの掲載元

  • 工業技術センター
  • 長崎県大村市池田2丁目1303番地8号
  • 電話番号 0957-52-1133
  • ファックス番号 0957-52-1136