家庭や職場で牛乳を飲みましょう!

このページを印刷する

抵抗力・免疫をサポートするたんぱく質や代謝を助けるビタミンB群を豊富に含んでいる『牛乳』を積極的に摂取しましょう。

 「給食のない日」は、子どもたちが家庭で牛乳を摂取していない実態があり、「給食のある日」と比較して牛乳200-400mlに含まれるカルシウム摂取が不足していることも報告されています。子どもの栄養問題解決のためにも家庭の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

牛乳を使ったレシピ(関係団体ホームページ:外部リンク)

(一社)Jミルク:ミルクレシピ(外部ページへ移動します)
(一社)日本乳業協会:乳と乳製品を使ったお料理のレシピ(外部ページへ移動します)
(一社)中央酪農会議:レシピ特集(外部ページへ移動します)

令和3年度牛乳・乳製品利用料理コンクール作品

 令和3年度牛乳・乳製品利用料理コンクール作品[PDFファイル/645KB]

このページの掲載元

  • 畜産課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2951
  • ファックス番号 095-895-2593