医療機関向け情報

このページを印刷する

追加接種(3回目接種)について

接種が受けられる時期

令和3年12月1日(水曜日)から令和4年9月30日(金曜日)まで

接種の対象

以下の全てを満たす方が追加接種の対象者となります。

  1. 2回目接種を完了した日から、原則8か月以上経過した方
  2. 18歳以上の方
  3. 国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種が完了している方

使用するワクチン

  • 初回(1回目・2回目)に接種したワクチンの種類にかかわらず、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチン※を使用

    ※ファイザー社ワクチン、武田/モデルナ社ワクチン

    ※武田/モデルナ社のワクチンについては、追加接種(3回目接種)に向けて薬事承認審査中

  • 使用するワクチンは、市町から追加接種実施医療機関へ供給されます。

追加接種実施医療機関

医療従事者等への追加接種は、次の医療機関での接種になります。

  1. 市町で住民接種を行っている医療機関(個別接種医療機関)
  2. 市町等が設置している集団接種会場
  3. 住民接種は行わないが、自院に勤務する職員への追加接種を行う意向を示した医療機関

追加接種希望者フロー[PDFファイル/92KB]をご参照ください。

医療従事者等への追加接種にかかる注意点

1.共通
  1. 追加接種は、当初行われた医療従事者等への『先行接種』『優先接種』の取扱いはありませんが、必然的に先行接種・優先接種の対象だった方(医療従事者等)が追加接種(3回目接種)においても先に接種が開始されることになります。
  2. 初回接種(1回目・2回目)のように県が指定した「連携型接種施設」に各医療機関(医科診療所、歯科診療所、薬局、訪問看護ステーション、助産所、自治体職員(消防、保健所等))等を紐付して接種場所を事前に決定しません。病院や医科診療所において自院職員の接種を行わない場合は、市町の個別接種実施医療機関や集団接種会場等に予約しての接種となります。
  3. 住民票のある市町から、接種券が送付された後、接種券を使用しての接種となります。
2.病院、医科診療所に勤務されている方
  1. 令和3年11月1日付け3医政第1007号長崎県医療政策課長通知「追加接種(3回目接種)にかかる対象者数等アンケート調査の実施について」の設問4)において、「貴院に勤務する職員への追加接種(3回目接種)について、自院で接種する意向がある」と回答した医療機関の職員は、自院で接種を受けることが可能です。なお、接種医療機関として必要な集合契約への参加されていることが要件です。また、極端に追加接種の対象者数が少ない場合などの理由により、市町からワクチンを配送できず、自院で接種できない場合があり、ご期待に添えない可能性があることをご承知おきください。詳しくは、医療機関所在地の市町へお尋ねください

  2. 同アンケート設問4)において、 「貴院に勤務する職員への追加接種(3回目接種)について、自院で接種する意向がない」と回答した医療機関の職員は、住民票がある市町の個別接種実施医療機関や集団接種会場等に予約しての接種となります。詳しくは、住民票がある市町へお尋ねください。

3.歯科診療所、薬局、助産所、訪問看護ステーション、自治体に勤務する方
  1. 歯科診療所、薬局、助産所、訪問看護ステーション、自治体に勤務する医療従事者は、原則、市町の個別接種実施医療機関や集団接種会場等に予約しての接種となります。(市町ごとに予約方法等が異なります。詳しくは、住民票がある市町へお尋ねください。)

接種券

 以下のような方法で接種を受けることになります。

  1. 市町から追加接種用の「接種券」と「新型コロナワクチン追加(3回目)接種のお知らせ」が届きます。 (※1)(※2)
  2. ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお住まいの市町のホームページ等で確認し、お探しください。(※3)

※1追加接種の接種券発送スケジュールなどは、市町により異なることがあります。

※2次のような例に該当し、2回目の接種を完了した日から8か月以上経っていても接種券が届いていない方は、現在お住まいの市町村に個別に接種券の発行申請を行なってください。

【例】初回接種(1回目・2回目接種)の後に転居された方

※3医療従事者等は、勤務する医療機関で接種を受けられる場合もあります。詳しくは勤務先にご確認ください。なお、自院で接種を受ける場合、「住所地外接種届」は不要です。

接種機関のみなさまへ

接種機関となるには、(1)集合契約への参加、(2)V-SYS(ワクチン接種円滑化システム)への登録が必要です。

(1)集合契約への参加

ワクチン接種契約受付システムへ必要事項を登録したのち、PDFファイルで出力された委任状をとりまとめ団体(医師会等)に提出してください。システムのウェブサイトは団体を通じてお知らせします。
※医師会等に属さない医療機関の方は、各市町を通じてお知らせします。委任状も市町へ提出してください。

集合契約への参加方法について、詳しくはこちらをご覧ください。集合契約への参加方法[PDFファイル/858KB]

(2)V-SYS(ワクチン接種円滑化システム)への登録

集合契約への参加時に登録したメールアドレスにV-SYS用のIDが送付されますので、パスワードを設定し、医療機関情報、ワクチンの種類、接種する医師の情報等を入力してください。

V-SYSへの登録方法について、詳しくはこちらをご覧ください。V-SYSへの初期登録[PDFファイル/4MB]

接種費用の請求と支払について

費用の請求は予診票を使って行います。毎月の接種分について被接種者の住所地ごとに集計し、接種機関と同一市町の分は市町へ、その他の市町の分は国保連に提出します。国保連への請求の際は、V-SYSで請求総括表、市町村別請求表を作成して予診票とあわせて提出してください。

接種費用の請求と支払について、詳しくはこちらをご覧ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の費用の請求・支払の概要[PDFファイル/2MB]

医療機関向けお知らせ

厚生労働省のホームページに医療機関向けにお知らせが掲載されております。

 詳しくはこちらをご覧ください。(厚生労働省ホームページ)

・実施に関する手引き                                                                                
・接種委託医療機関になるには                                                                           
・接種の準備                                                                                     
・接種の実施                                                                                   
・副反応疑い報告のお願い                                                                          
・接種医療機関、医療従事者への支援

予防接種の実施に係る手引き・厚生労働省説明会資料

新型コロナワクチンに関する自治体向け通知・事務連絡等(厚生労働省)

このページの掲載元

  • 医療政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-824-1111
  • ファックス番号 095-895-2573