長崎県

妊婦の方々への新型コロナウイルス感染症対策


2021年4月13日更新

妊婦の皆様へ


【事務連絡】「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)6.妊婦や小児に関すること(令和2年12月24日時点)」について[PDFファイル/653KB]

リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策(COVID-19)~妊婦の方々へ~」(5月14日更新)[PDFファイル/230KB]

リーフレット「妊婦の方へ」(令和3年2月時点)[PDFファイル/797KB]

働く妊婦・事業主の皆様へ


母性健康管理措置等に係る特別相談窓口について[PDFファイル/662KB]

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置について(リーフレット)[PDFファイル/1MB]

 

感染が妊娠に与える影響

妊娠中に新型コロナウイルスに感染しても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同年代の妊娠していない女性と変わらないとされています。
子宮内で胎児が感染したことを示唆する報告も少数ながら存在しますが、新型コロナウイルスに感染した妊婦から胎児
への感染はまれだと考えられています。

日頃の感染予防

一般的に、妊婦の方が呼吸器感染症にかかった場合には、妊娠していない時に比べ、特に妊娠後期において重症化する可能性があります。
人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日頃の健康管理を徹底してください。
密閉空間、密集場所、密接場面、という3つの「密」が同時に重なるような場所を避けてください。

相談・受診の目安

妊婦の方については、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合でも、念のため、重症化しやすい方と同様に、まずは早めに受診・相談センター等にご相談ください。

妊婦健診・分娩について

  • 妊婦健診は、妊婦と胎児の健康のために非常に重要です。自分で判断せず、かかりつけの産婦人科医等とよくご相談ください。
  • 新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した方、ご家族に感染疑いのある方がおられる場合は、妊婦健診受診前に、かかりつけ産科医療機関に電話でご相談ください。
  • 新型コロナウイルスに感染している可能性がある時は、妊婦健診受診を控えていただき、まずは受診・相談センターに電話でご相談いただいた上で、かかりつけ産科医療機関にご相談ください。
  • 各都道府県においては、妊婦の方が罹患した場合の周産期医療提供体制の整備など、安心・安全な分娩の実現に努めています。新型コロナウイルスに感染した妊婦の方は、かかりつけ産科医療機関と分娩先などについてご相談ください。

妊婦の方々への新型コロナウイルスに関する相談窓口

新型コロナウイルス感染症に伴う、出産に対する不安などについて、電話による相談を受け付けています。

  窓口名 連絡先 相談時間
長崎市 妊産婦・乳幼児の相談窓口
(長崎市子育て世代包括支援センター)
095-829-1255 月曜-金曜(祝日・年末年始除く)
 8時45分から17時30分まで
佐世保市 子育て世代包括支援センター「ままんち させぼ」 0956-25-9778 月曜-金曜(祝日・年末年始除く)
 8時30分から17時15分まで
上記以外の市町 長崎県こども家庭課 095-895-2445 月曜-金曜(祝日・年末年始除く)
 9時00分から17時45分まで

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー