長崎県

農作業安全確認運動


2020年6月29日更新
  • 全国では毎年約300名の方が農作業事故で亡くなっており、長崎県内では、令和2年に入ってから既に4件の死亡事故が発生しています(令和2年6月26日現在:長崎県農業経営課調べ)。
  • このため長崎県では、農作業事故防止を目的に、毎年農作業の繁忙期である春(4月1日~6月30日)と秋(9月1日~10月31)に、農作業安全確認運動を実施しています。
  • 慣れた作業、慣れた場所であっても、一瞬の機械操作ミス等で重大な事故が発生する危険性があります。
  • 全国的にも長崎県内の過去の事例からも、乗用型農業機械の転落・転倒によって作業者が投げ出されて、農業機械の下敷きになって亡くなるケースが多く見られるので、シートベルトの着用を乗用車同様徹底して頂くことをお願いします。

農作業死亡事故:長崎県[PDFファイル/7KB]

このページの掲載元

  • 農業経営課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2931
  • ファクシミリ:095-895-2591
先頭に戻る

メニュー