長崎県

【「子どもの貧困対策 全国キャラバンin長崎」開催について】


2017年12月19日更新

「子どもの貧困対策 全国47都道府県キャラバン」は、子どもの貧困対策への理解を広げ、より充実した支援体制を構築するきっかけと場づくりを通してつながりを作ることで、全国各地での対策の推進を目的として開催しています。

【全国キャラバン・3つの特徴】
★そこで暮らす現地の方々が全国キャラバンの「主役」です。
★あすのばは「聞き手」です。地域の声をお聴かせください。
★地域全体で子どもを支える体制づくりを一緒に進めましょう。

詳細は、「公益財団法人あすのば」ホームページをご覧ください。

 

<子どもの貧困対策 全国キャラバンin長崎 開催概要>

日 時 2918年1月21日(日)13時15分から16時45分まで
場 所 大村市コミュニティセンター(長崎県大村市幸町25-33)

内 容
▼ 第一部(全 体 会)13時15分から15時15分
(1)主催挨拶 小河 光治 あすのば代表理事
(2)共催挨拶 大村市

(3)報告『私たちの取組み』
大村市や「ながさき子ども食堂ネットワーク」などの取組みの報告

(4)ディスカッション『今、長崎の子どもの貧困対策に必要なことは?』
パネラー【以下敬称略、予定】
・園田 裕史(大村市長)
・柿田 多佳子(佐世保こども・女性・障害者支援センター 所長)
・小西 祐馬(長崎大学教育学部 准教授)
・松本 厚生(大村こどもの家 施設長)
・長崎県出身、あすのばに関わる若者

コーディネーター
山口 和浩 (大村椿の森学園 園長)
村尾 政樹 (あすのば事務局長)

(5)まとめ 村井 琢哉 あすのば副代表理事

全体会終了後、意見交換会を開催します(15時30分から16時45分)

参加者(参加費無料 100人程度 ※申込先着順)どなたでもご参加いただけます。

主 催:公益財団法人あすのば
共 催:大村市
後 援:内閣府、長崎県、長崎県社会福祉協議会、

長崎県児童養護施設協議会、一般社団法人フードバンク協和
医療法人カメリア、社会福祉法人カメリア
NPO法人自死遺族支援ネットワークRe (上記申請中含む)
助 成:公益財団法人キリン福祉財団

このページの掲載元

  • こども家庭課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2442
  • ファクシミリ:095-825-6470
先頭に戻る

メニュー