長崎県

猛毒を持つヒョウモンダコが発見されました


2016年12月6日更新

 平成28年11月28日、対馬市厳原町曲でヒョウモンダコが確認されました。これまでにも県内各地で発見されたことがあります。

このタコは、沿岸の岩礁帯に生息し、唾液にフグの毒と同じテトロドトキシンという猛毒を含んでいます。噛まれたり、食べたりすると呼吸困難などの症状を引き起こし、死亡するケースもありますので、取り扱いには十分に注意してください。

猛毒「ヒョウモンダコ」に注意!![PDFファイル/63KB]

 ヒョウモンダコの特徴

頭の大きさ3cm、体の大きさ10cmほどの小型で、刺激を受けると青い輪や線の模様のある明るい黄色に変化します。

死んでも毒は残りますので、決して食べないで下さい。

 ヒョウモンダコの写真

 

 

 

 

 

発見された場合の連絡先

最寄りの水産業普及指導センターにご連絡ください。

名称 所在地 電話番号
県央水産業普及指導センター 〒851-2213 長崎市多比良町1551-4 095-850-6371
県南水産業普及指導センター 〒855-0043 島原市新田町347-9 0957-64-0487
県北水産業普及指導センター 〒857-0043 佐世保市天満町1-27 0956-25-5902
五島水産業普及指導センター 〒853-8502 五島市福江町7-1 0959-72-2254
上五島水産業普及指導センター 〒857-4404 南松浦郡新上五島町青方郷1585-1 0959-52-3747
壱岐水産業普及指導センター 〒811-5215 壱岐市石田町石田西触1290 0920-48-5212
対馬水産業普及指導センター 〒817-0324 対馬市美津島町久須保668 0920-54-2084

 

このページの掲載元

  • 漁政課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2811
  • ファクシミリ:095-827-2341
先頭に戻る

メニュー