長崎県

インフルエンザに関する情報を掲載しました


2017年8月17日更新

平成29年第32週(8月7日から8月13日)までの定点あたりインフルエンザ患者報告数(平均患者数)推移

 インフルエンザ報告数推移(上五島保健所)[PDFファイル/50KB]

グラフを更新しました。(8月17日現在)
管内定点あたりの患者報告数は「0人」です。

インフルエンザ予防策等

  • 外出後は手洗いをしましょう。
  • インフルエンザのワクチン接種は、発病予防、重症化予防に有効なことから、希望される方は早めに接種しましょう。(効果の発現までに2週間程度を要します)
  • 体力が低下しないように十分な栄養と休養をとりましょう。
  • 室内を乾燥させないようにし、また、定期的な換気を行いましょう。
  • インフルエンザにかかったなと思ったら、早めに医療機関を受診しましょう。
  • インフルエンザを広げないために咳エチケットを心がけましょう。

咳エチケットとは

    • 咳、くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用する。マスクを持っていない場合は、ハンカチ、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1メートル以上離れる。
    • 鼻汁、痰などを含んだティッシュは、すぐにゴミ箱へ捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時は、すぐに手を洗う。
    • 咳をしている人にマスクの着用をお願いする。

冬季に流行が見られるインフルエンザについてQ&Aを掲載します

13 平成28年度インフルエンザQ&A[PDFファイル/265KB]

医療機関を受診される際の注意事項

インフルエンザ感染拡大防止のため、医療機関によっては受診方法を指定されることもあります。事前に電話等で受診方法を確認し、マスクを着用してから受診くださいますようご協力をお願いします。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー