八千代橋りょうの架設が完了しました(令和元年9月) 

このページを印刷する

平成30年度から、長崎市尾上町の長崎駅構内の高架橋の上で橋桁の組み立てを行っていた八千代線路橋は、さる7月10日までに3回に分けて送り出し架設が行われました。

その後、高さ調節のために橋脚上に設置されていた仮設の台座を順次取り外し、橋桁を降下させる工事が行われておりましたが、9月末までに無事、所定の高さに橋桁が設置され、架設が完了しました。

今後は、引き続き来年の春ごろに架設が予定されている、国道202号をまたぐ、宝町橋りょうの工事が始まります。

 

 送り出し架設前  送り出し架設後、橋桁降下前
【送り出し架設前(R1.6.3撮影)】 【送り出し架設後、橋桁降下前(R1.7.11撮影)】
 橋桁降下後  送り出し架設後、橋桁降下前
【橋桁降下後(R1.10.21撮影)】 【送り出し架設後、橋桁降下前(R1.7.11撮影)】
 橋桁降下後
【橋桁降下後(R1.10.21撮影)】

 

このページの掲載元

  • 新幹線事業対策室
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号 6階
  • 電話番号 095-894-3131
  • ファックス番号 095-894-3486