長崎県

三日ノ浦トンネル(仮称)「親と子の現場見学会」


2015年12月22日更新

掘削工事が始まった三日ノ浦トンネル(仮称)で「親と子の現場見学会」を開催しました。

9月30日に安全祈願祭を執り行い、掘削工事が始まった三日ノ浦トンネル(仮称)で11月7日土曜日に「親と子の現場見学会」を開催しました。こども15名、大人18名の計33名に参加いただきました。
まず工事の担当者が、バイパス工事全体の説明などを行いました。
事業概要の説明

 

 

 

 

 

 

 続いて、工事を担当している共同企業体がトンネルの施工方法をスライドや本物の材料を使ってわかりやすく説明しました。特に、コンクリートを早く固めるために用いる急結剤をコンクリートに実際に入れる実験には小学生の皆さんも興味津々の様子でした。
施工方法の説明コンクリート急結剤の実験

 

 

 

 

 

 

 説明のあとは実際のトンネル掘削を行っている切羽(きりは)に移動しました。現在の切羽の様子を見学していただき、記念撮影を行いました。
切羽見学の様子切羽で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 切羽から再び作業ヤードに戻ってコンクリートを掘削した地山に吹き付ける機械の操作体験や、ロックボルトやダイナマイトを挿入する穴を掘るドリルジャンボという機械の体験試乗を行いました。
吹付機の操作体験ドリルジャンボ体験試乗

 

 

 

 

 

 

 めったにお目にかかることの出来ないトンネル工事用の建設機械なので、みんなでスケッチをしました。
ドリルジャンボをスケッチバックホウをスケッチ

 

 

 

 

 

 

 最後にドリルジャンボの前で記念撮影をしました。
ドリルジャンボの前で記念撮影

このページの掲載元

  • 上五島支所 建設課
  • 住所:長崎県南松浦郡新上五島町有川郷578番地2号
  • 電話:0959-42-1141
  • ファクシミリ:0959-42-3448
先頭に戻る

メニュー