歴史と人が織りなすストーリー 時津・長与
  • ながさき にこり 16号
  • 【ふるさと再発見】 時津町
    江戸時代、多くの人やものが行き交った長崎街道。今回は当時、長崎街道の裏街道として賑わった「時津街道」を旅する。開発が進みながらも、どこかのんびりとした雰囲気が漂う時津町。住宅が建ち並ぶ中、見えてきたのは江戸の面影……知られざる時津町の魅力に迫る。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト】-1 長与町 シシングハースト
    長与町のアンティークショップ「シシングハースト」。こちらには町田さんご夫妻がイギリスで直接買い付けたこだわりのアンティークが並んでいる。美しい大村湾を見下ろす店でお二人が大切にしているものとは…。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト】-2 長与町 映像制作団体Siebo
    長崎県立大学シーボルト校に名物サークルがあると聞き、訪ねた。「映像制作団体Siebo」は映像、音声、出版物など、各種作品の自主制作を行う総合メディアサークル。映像の魅力にハマッたイマドキの学生たちの想いを聞いた。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト】-3 長与町 オリーブ振興協議会
    農家の高齢化によって増えつつある荒廃地をなんとかしたいと設立された「長与町オリーブ振興協議会」。荒廃地を利用してのオリーブ栽培は九州初とあって、その取り組みは今や他県からも注目を浴びている。オリーブに町の再生を賭けた人々を紹介する。

    ≫ 記事を読む

  • 【恵みの歳時記】 ながさき雪の浦手造りハム
    昨年11月、長与町高田郷に移転オープンした「ながさき雪の浦手造りハム」。県内産の新鮮な豚肉を使い、無添加・低添加にこだわったハムやウインナーは食の安全を求める人々に支持され、店には遠くから足を運ぶ人の姿も見られる。こだわりの基本にあるのは子どもへの愛情だった。

    ≫ 記事を読む

  • 【語りかける風景】 住宅地に佇むともづな石
    時津町の住宅地にひっそりと佇むひとつの石。耳を澄ませば、この石だけが知っている歴史が聞こえてくる。

    ≫ 記事を読む

冊子版Digital book

電子書籍をご覧いただくには「Microsoft Silverlight(無料)」が必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

アクセスAccess

航空機

【各地から長崎空港まで】

  • ・羽田空港 から 約110分
  • ・中部国際空港 から 約85分
  • ・伊丹空港 から 約75分

長崎空港から長与町・時津町まで】

  • ・長崎空港(連絡船)→時津町/長与町 25分
  • ・長崎空港(車で一般道路)→大村IC(長崎道)→長崎多良見IC(長崎バイパス) →川平IC
      →時津町/長与町 約40分

鉄道

JR九州

  • ・JR博多駅(かもめ)→JR長崎駅 約115分

【高速道路(NEXCO西日本)】

  • ・大宰府(九州道)→鳥栖JCT(長崎道) →長崎多良見IC(長崎バイパス) →川平IC
      →時津町/長与町 約100分
  • ・長崎駅(一般道)→時津町/長与町 約20分

高速バス

九州急行バス(九州号)

  • ・博多駅 → 長崎駅 約150分

関連リンクLinks

 旅の予約

 ≫ 長崎県へのツアーや航空券、旅館、ホテルの予約はこちら

プレゼントPresent

【インターネット放送局「よかよかテレビ」1月プレゼント】平成25年1月31日(木)締切

長崎和牛(ステーキ2枚)【3名様】

 昨年10月、佐世保市を主会場に開催された全国和牛能力共進会の「肉牛の部」第8区で、長崎和牛がみごと日本一を獲得しました。豊かな自然の恵みを受け、ミネラルを多く含んだ牧草で育てられる長崎和牛は、肉本来の旨味である赤身と脂身の絶妙なバランスと口溶けの良さが特徴です。日本一の味をお楽しみください。

バックナンバー

ここまでがこのページの情報です。