• ながさき にこり 14号
  • 【ふるさと再発見】 海外セレブが愛したハイカラ避暑地 UNZEN
    明治、大正、昭和初期と、外国人たちの避暑地として脚光を浴びた雲仙には、今もその面影が残る場所がいくつもある。今回の旅では、そんな雲仙の知られざる歴史と魅力を紹介。当時のハイカラな古写真から見える、130年前の雲仙とは…。温泉地とは別のもうひとつの顔に迫る。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト1】 菊農家・吉田良一さん、美恵子さんご夫妻
    雲仙普賢岳災害で全てをなくしたものの、菊農家として見事に復興を遂げた吉田良一さんと美恵子さんご夫妻。平成23年には「日本農業賞大賞」を受賞するという快挙も成し遂げた。二人三脚で乗り越えた苦難の日々、そしてそれを乗り越えることで学んだこととは…。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト2】 雲仙市立小浜中学校吹奏楽部 【動画あり】
    雲仙市立小浜中学校の吹奏楽部は、マーチングで有名。なんと九州大会に過去17回出場し、平成16年からは7年連続で全国大会に出場。平成18年からは5年連続で金賞を受賞している。この華々しい成績は、ただものではない。一体どんなスーパー中学生たちなのか…放課後のグラウンドを訪ねた。

    ≫ 記事を読む

  • 【恵みの歳時記】 雲仙うまか豚 紅葉
    雲仙山麓の緑豊かな開拓地で、清らかな水と、おいしい肉を作る源となる天然有効アミノ酸飼料で育てられた豚--それが雲仙うまか豚「紅葉」だ。雲仙市南串山町にこの美味なる豚肉にこだわり続ける一軒の肉屋があった。知る人ぞ知る、雲仙自慢の豚肉を紹介する。

    ≫ 記事を読む

  • 【語りかける風景】 寅松さんの青春
    雲仙うまか豚「紅葉」の取材後、肉屋の寅松さんから声を掛けられた。「時間あるね?3分だけ寄っていかんね」。連れて行かれたのは小さな建物。扉を開けると、そこには…。

    ≫ 記事を読む

冊子版Digital book

電子書籍をご覧いただくには「Microsoft Silverlight(無料)」が必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

アクセスAccess

航空機

【各地から長崎空港まで】

  • 羽田空港 から 約110分
  • 中部国際空港 から 約70分
  • 伊丹空港 から 約85分

鉄道

JR九州

  • JR博多駅(かもめ)→JR諫早駅
  • JR長崎駅(快速)→JR諫早駅

バス

島鉄バス

  • JR諫早駅前 → 雲仙 約80分

長崎県営バス

  • 長崎駅前ターミナル → 雲仙 約100分(特急)

【高速道路(NEXCO西日本)】

  • 長崎駅(一般道)→ながさき出島道路入口 →長崎IC(長崎道)→諫早IC(一般道)→雲仙
  • 長崎空港(一般道)→大村IC(長崎道)→諫早IC(一般道)→雲仙
  • 福岡空港(一般道)→大宰府IC(九州道)→鳥栖IC(長崎道)→諫早IC(一般道)→雲仙

関連リンクLinks

 旅の予約

 ≫ 長崎県へのツアーや航空券、旅館、ホテルの予約はこちら

プレゼントPresent

【情報誌「ながさき『にこり』第14号読者プレゼント】平成24年9月28日(金)締切

【A】雲仙うまか豚紅葉セット(10名様)

雲仙うまか豚紅葉を使用したトンカツ・コロッケなどの詰め合わせ。(フレッシュミート森下)

【B】お菓子の家(10名様)

ホテルをイメージした箱の中に3種類(マドレーヌ、ダクワーズ、フィナンシェ)の焼き菓子が入った詰め合わせ。(雲仙観光ホテル)

【インターネット放送局「よかよかテレビ」8月プレゼント】平成24年8月31日(金)締切

五島つばき茶 1g×21パック(3名様)

 自然豊かなつばきの里「五島列島」で取れたツバキを使い、長崎県農林技術開発センターや県立大などと共同開発した商品。厳選されたツバキの葉と五島茶葉を揉み込んで発酵させる世界初の製茶法で作られています。緑茶カテキンやツバキの成分を多く含むヘルシーな五島つばき茶を、ぜひ一度ご賞味ください。

バックナンバー

ここまでがこのページの情報です。