• ながさき にこり 01号
  • 【こころの原風景】神代小路
    まるで江戸時代へタイムスリップしたかのような風情ある町並みが続く神代小路。三百年の時を超えて受け継がれてきた佇まいは、ふるさとの風景として地元の人々に今も愛されている。

    ≫ 記事を読む

  • 【ふるさと再発見】世界ジオパーク
    2009年8月、世界的に貴重な地形や地層などを認定する「世界ジオパーク」に日本で初めて島原半島が認定された。今回はジオパークの定義から火山や湧水、大地が育む名物…などなど、未知なる世界・ジオパークを徹底解剖。いざ、地球の歴史を学ぶ島原半島をめぐる旅へ。

    ≫ 記事を読む

  • 【ニコリスト】岩崎政利さん
    雲仙市吾妻町で有機農業と種の自家採取に取り組む岩崎政利さん。彼の手によって復活した「雲仙こぶ高菜」は、絶滅危惧の食材などを守り伝える「スローフード協会国際本部(イタリア)」の「味の箱船」計画に日本で初めて登録された。岩崎さんが種を採取する意味とは?驚くべき種の世界を追う。

    ≫ 記事を読む

  • 【恵みの歳時記】島原手延そうめん
    雲仙岳の清らかな伏流水と、島原の塩と小麦から生まれた、島原のソウルフードとも呼ぶべき「島原手延そうめん」。今や全国に名を馳せている島原を代表するこの特産品には、まだ知られていないルーツがあった。老舗の製麺所を訪ねながら、島原の歴史と自然の恵みを紹介する。

    ≫ 記事を読む

  • 【龍馬とながさき】長崎奉行所立山役所
    坂本龍馬が初めて長崎を訪れたのは元治元年(1864年)。その目的は何だったのか、龍馬の目に映った長崎はどんなまちだったのか。

    ≫ 記事を読む

取材メモ

 ≫ 編集長の取材メモはこちらから

冊子版Digital book

電子書籍をご覧いただくには「Microsoft Silverlight(無料)」が必要です。お持ちでない方は左のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

アクセスAccess

航空機

【各地から長崎空港まで】

  • 羽田空港 から 約110分
  • 中部国際空港 から 約70分
  • 伊丹空港 から 約85分

鉄道

JR九州】【島原鉄道

  • JR博多駅(かもめ)→JR諫早駅→(島原鉄道乗り換え)→島原駅
  • JR長崎駅(快速)→JR諫早駅→(島原鉄道乗り換え)→島原駅

【高速道路(NEXCO西日本)】

  • 福岡IC→諫早IC 約105分
  • 長崎IC→諫早IC 約30分
  • 佐世保中央IC→諫早IC 約60分
  •  
  • 諫早IC→(国道57号線)→雲仙市愛野町→(グリーンロード経由)→島原市
  • 諫早IC→(国道57号線)→小浜温泉→(国道57号線)→雲仙温泉

バス ・タクシー

【バス】

【高速船/フェリー】

関連リンクLinks

 旅の予約

 ≫ 長崎県へのツアーや航空券、旅館、ホテルの予約はこちら

バックナンバー

ここまでがこのページの情報です。