果樹学科

 果樹の最先端技術を学んでいます。(7月8日)

 果樹学科では、農林技術開発センター果樹・茶研究部門カンキツ研究室ならびにビワ・落葉果樹研究室の研究員を招いて、『果樹新技術』の講義を行っています。講義内容は、アシストスーツ等のスマート農業技術、果樹新品種の育種方法と動向および天敵を利用したIPM防除技術など様々なテーマのもと全6回計画しています。学生は、最先端の技術を学ぶことで幅広い知識を身につけています。(果樹学科職員)
今回は、カンキツ研究室研究員からカンキツの育種や品種動向などの講義を受けました