果樹学科

 極早生ミカンにシートマルチを被覆しました。(625日)

 シートマルチ栽培は、水は通さないが水蒸気は通す不織布シートを温州ミカンの樹冠下に被覆することで、降雨を遮断し、土壌乾燥が促され、果実糖度を上げる技術です。学生らは、最初にシートマルチの目的や設置方法などの説明を聞いた後、実際にシートマルチを被覆し技術習得に励みました。圃場の形状がいびつなため、幅の違うシートマルチを組み合わせながら、学生みんなで協力し被覆することができました。今後は、収穫まで土壌乾燥や果実肥大の状況を見ながら温州ミカンの品質向上技術を学んでいきます。(果樹学科職員)
樹の幅に合わせたシートを樹冠下に広げて、雨が侵入しないようにしています  樹列に這わせた直管に、パッカーをはめてシートが飛ばないようにしています 
シートが破れた部分をテープで補修します  シートマルチ被覆の完成