果樹学科

 温州みかん「原口早生」収穫後の管理。(11月18日)

 収穫が終わった園地ではできるだけ早く樹勢を回復させるため、次年産の開花、結実に必要な養分を蓄える必要があります。
 そこで、果実品質向上等を目的に樹冠下に被覆されていたシートマルチを除去し、即効性の肥料を施用します。
  省力化を図るためシートマルチに溜まった水や落ち葉を除去し、樹冠下中央部まで巻き上げ、翌年利用します。汚れや破れがひどいものは除去して乾かし回収します。
 学生同士声を掛け合いながら、効率的に作業ができました。(果樹学科職員)
収穫後の原口園  汚れたマルチを干す学生 
マルチを巻き上げる学生  マルチ除去後の原口園