果樹学科

 マンゴーの剪定を行いました。(819日)

 8月中旬にはマンゴーの収穫がほぼ終了しました。次年産に向けた優良な結果枝の確保や、高くなった樹の作業性の改善を目的に剪定による枝の切り下げ作業を819日と20日に行いました。
 剪定する枝は、@上向きの徒長枝、A大きい果房が望めない貧弱な枝、
B垂れ下がった下枝などを対象に輪状芽を残して、切り返し剪定を行いました。剪定後しばらくすると新芽が発芽してきますので、芽かきを行い枝の充実を図ります。(果樹学科職員)
剪定前のマンゴー樹  輪状芽を残して枝を切除 
剪定後の枝 切り下げたマンゴー樹の状態