果樹学科

 梨(幸水)から収穫を始めました。(8月12日)

 果樹学科では8月12日から梨(幸水)を収穫しました。十分な日照量が確保されたことで甘く成熟した幸水は、着色が進み収穫の時期となりました。収穫の手順は@包んだ赤い袋をミシン目に沿って破いて果実の色を確認します。A地色が抜け成熟した果実を上に持ち上げると簡単に手でもぎ取ることができます。学生らは、午前中の気温が低いうちに収穫し、出荷調整を行いました。食感もよくおいしい梨ができました。
(果樹学科職員)
成熟期の梨(幸水)の着果状態  袋を破いて着色状態を確認 
収穫した梨はウレタンを敷いたコンテナへ 梨の選果風景