果樹学科

 いちじくの収穫作業が続いています。(8月7日)

 果樹学科ではネット栽培でいちじく「桝井ドーフィン」を栽培しています。
 主枝上に2030cm間隔で枝を伸ばす一文字仕立てで栽培しています。当年に伸長した枝の一節、一節に果実が着果します。
  成熟期を迎えると下から順番に1果ずつ熟していき、果実が緑色から赤紫色になり、果実が下を向くと収穫時期です。果実は1215段程収穫することができます。また、高温や降雨により痛みやすく、日持ちがあまりよくないため、毎朝温度が上昇する前に収穫し、調整後パック詰めをしてから直売所等で販売しています。(果樹学科職員)
果実が着果している様子  収穫を迎えた果実
丁寧に収穫する学生  パック詰めしたいちじく