果樹学科

 スモモ「太陽」の収穫を行っています(7月20日)

 果樹学科では無加温ハウスでスモモを栽培しています。これまでに「りょうぜん早生」「ハニーローザ」「紅りょうぜん」「李王」の収穫が終了し、現在は果樹学科で最も晩生の品種「太陽」の収穫を行っています。この品種は果肉がやや硬めで、日持ちに優れています。また、甘味と適度な酸味が特徴の美味しい品種です。学生は、着色が進んだ果実から順次収穫し、選果・調整を丁寧に行い、パック詰めして農大直売所等で販売しています。
(果樹学科職員)
スモモ「太陽」の着果状態  着色を確認しながら収穫する学生
果実の選別風景  パック詰めした果実