1升
いりこ
50g
ごぼう
200g
干しシイタケ
30g
鶏ムネ肉
100g
ちくわ
1本
人参
100g
紅生姜
好み
さんしょう
好み
<具の調味料>
 砂糖
100g
 みりん
大さじ2
 薄口醤油
80cc
<薄焼き卵>
 たまご
5ヶ
 塩、砂糖、油
適量
<合わせ酢>
 酢
180cc
 砂糖
200g
 
 炊飯器   まな板
 包丁     もろぶた
 押し型
            
� 米は30分前に洗っておく。  

� 炊飯器に米を入れ、少しひかえめの水と塩、いりこを入れ 炊く。  
� 具を揃える。ごぼうはささがきにし、水にさらす。干しシイタケは水でもどしたあと、ちくわ、鶏肉、人参と同様に小さく切る。鍋に油少々を熱し、具を炒めAの調味料で味付けをしておく。
 
�人参は、ごはんの炊き上がる少し前に炊飯器の中に入れる。
 
�薄焼き卵を作り、千切りにしておく。  
�合わせ酢の分量を鍋に入れ、弱火にかけ、砂糖が溶けたら、火からおろす。  
�炊きあがったごはんと合わせ酢をまぜる。もろぶたや、型で押して、仕上げに薄焼き卵、紅生姜の千切りをのせる。   
 

   
・昔から、お客様のおもてなしの時に、よく作られています。
   
 波佐見町 鬼木加工センター
 福島 ハス子