1升5合
大さじ1
<あわせ酢>  
 酢
360cc
 砂糖

450g

 塩
大さじ1
<具>
ごぼう
2本
しいたけ
100g
干し大根 
150g
たけのこ
1本
板付け
1本
ちくわ
3本

5個
  
炊飯器
もろぶた
すし桶
まな板
包 丁
ボール
            
�米は洗ってざるに上げておく。  

・たけのこは塩漬けの場合塩抜きをする。

・焼き魚のだしで味付けをすると美味しい味が出る。

�ごぼう、しいたけ、干し大根、たけのこ、板付け等の材料を小さく切り、好みの味付けをする。  
�米を炊くときお酒を入れる。  
�ご飯に、合わせ酢を入れて混ぜ、寿司飯を作る。もろぶたに寿司飯を平均に広げ、その上に具を平にのせ、また寿司飯を広げる。  
�四角に形よく切り、錦糸卵を上に飾ります。また、季節によって山椒の葉をのせ、季節感を楽しむ事が出来る。  
   
   
   
 
   
・佐々町の「もろぶた寿司」は祖母から母へ、また娘へと受け継がれています。
この寿司は、お祝い事や法事にはなくてはならない郷土料理です。吸い物、酢の物、お煮しめがあれば、日本型食生活としてバランスがとれ、申し分ありません。
 
   
 佐々町 さざみずほグループ
 平田 八重子