〜大20個分、小25個分〜
8合
昆布
1枚
200cc
砂糖

250g

大さじ1
5個
ぎんなん
50個
20個
200cc
<おぼろ>
 鯵
大3匹(中なら5匹)
 砂糖
大さじ2

 塩

小さじ1
 酒
大さじ1
 食用紅
少々
 
   
            
�米に昆布を加えて炊く。(炊きあがってすぐ、酒200ccを振りかけ、30分くらい蒸す。)  

・ご飯は少し堅めに炊き、熱いうちに寿司酢で味を付けるとおいしくできる。

・ ぎんなんはとれたての青さを活かすときれい。

�具は、ぎんなんに塩少々を入れて茹でる。  
�栗は渋皮を取って、塩少々を加えて茹でる。  
�卵は溶いて薄焼きにし、千切りにして、錦糸卵を作っておく。  
�酢、砂糖、塩を合わせ、沸騰させて、炊きたてのご飯に混ぜ、酢飯を作る。  
�もろぶた(寿司用)すし飯と具(ぎんなん、栗)を交互に重ねて上から押しをかけて切り分ける。上から鯵のおぼろと錦糸卵を飾る。  
≪鯵おぼろの作り方≫  
�鯵を3枚におろして皮を厚めに取り、中骨を切り取る。  
�沸騰したお湯の中に塩少々を入れて、10分くらい茹でる。
�ゆであがったらボール(あみ)にあげ、冷めたら手で軽く絞る。
�おぼろの調味料と食用紅少々を酒で溶かし、混ぜ合わせる。
�フライパンで弱火で色が付くまで(30分くらい)割り箸で混ぜる。

       
 江迎町 牛若丸グループ
 小川 キミ子