AREA06-107
日掛水源の森

         
 

所在地:長崎県対馬市厳原町樫根字日掛22-1 他
所有者:対馬林業公社

         
                                                 
                               
                                           
                       
              日掛水源の森は、厳原町の中央部に位置し、対馬の主峰矢立山系のふもとにあり、面積は、人工林415ha(47%)、天然林464ha(53%)計879haとなっています。人工林はカシシイ、コナラが主です。
 これら森林に育まれた渓流は、「シワカウ川」、「日掛川」二つの流れが合流し、佐須川となり「佐須ダム」に貯水され、下流域の農業用水、水道水として佐須地域区民に供給されています。
   
                                 
           

シワカウの清流

シワカウ川「永遠の泉」
     13.6kmと本庁一の流域を持つ佐須川が流れ、その豊富な水源を奥深い森林が守っています。
 今後も水源かん養機能を向上させるため、計画的に下刈、つる切り、間伐等を行い、「永遠の泉」を育む豊かな森を守り育てます。
     
 
 
     

体験であい塾「匠」
 簡易水道、農業用水として貴重なため、佐須地区住民(約1.100名)の水源として尊重されています。
 また流域では、少量ですが山葵等も栽培され、水の麗しさがうかがえます。
                     
     

佐須川の清流
           
   矢立山の麓を源流にもつシワカウ川は、厳原町西部地区の水源であり、透明度と豊かな水量では、対馬唯一の河川として地域の人に「永遠の泉」として親しまれています。  
                               
                   
     

対馬空港より30分
厳原港より10分

         周辺には、対馬の主峰矢立山一体に広がる豊かな森林に源を発する渓流があり、そこには本島で唯一ヤマメが生息する清流です。
 また、下流にはその水を利用した手打ちの対州そばを味わい、伝統的工芸品である若田石硯の、製作体験ができる「体験であい塾 匠」があり、にぎわいを見せています。
       
 

対馬市役所 農林振興課 0920-53-6113