AREA02-129
笛吹ダム水源の森

   
  所在地: 松浦市志佐町笛吹免高須ケ岳ほか
所有者: 長崎県林業公社・集落有林・個人
 
                                                       
 
笛吹ダム水源の森
                       
                     
 笛吹ダムは、松浦市志佐町笛吹免にあり、2級河川志佐川水系笛吹川上流に位置しており、松浦市の中心部を流れる志佐川が過去幾度となく洪水を起こし治水対策を早急に行う必要があったことと、渇水対策や発電所に安定した水源を確保するために作られました。
 笛吹ダムの水源を守り、水と緑を気楽に親しむことができるよう、ふれあいゾーン、紅葉ゾーン、展望ゾーン、渓流ゾーンに分け、ダム周辺整備がされています。また、近年ではダム周辺で地元ボランティアによる植樹活動など行われ住民の森林に対する積極的な取り組みが行われています。
 このような活動を絶やすことの無いように水源の森に指定し関心を高めることが今後の重要課題と位置付けております。
                     
                 
     
       スギ、ヒノキの人工林が97%を占めており、林業公社や集落有林を中心に森林整備が進められてきました。
 今後も水源かん養機能など公益的機能を増進を図るため森林整備が進められて行きます。
   
からくり人形

志佐川
 
       この森で育まれた水は、笛吹ダムに貯水され、志佐町、調川町の簡易水道・上水道の原水、農業用水などに利用されています。
 また、防災機能も有していることから、市及び地域住民も周辺林道等の維持管理に努めています。
         
 

笛吹ダム(上流から)
     
笛吹ダム(下流から)
                                     
 
   
       
 笛吹ダムの事業完了により治水対策が図られたほか、周辺の森林からはダムへ集水があり、用途としては、洪水調節、防災、不特定用水、河川維持用水、工業用用水の水源として活用されています。そのダム上流を水源の森に指定することにより、住民の水源への関心を高め、更なる森林整備の促進につながっていきます。        
               以前、松浦市志佐町柚木川内地区にあったカラクリ人形が笛吹ダムに復活しました。昔ながらの農作業の田起こしから田植え・稲刈り・脱穀までの一連の流れや浮立の風景を再現されたカラクリ人形が作られており、水車は、近くの湧水を引き、水車を回し、その回転で人形が動くからくりになっています。
日本各地に残る「徐福伝説」の一舞台いわれている不老山総合公園は標高288mの山頂から海や市街地を一望でき、360度のパノラマが広がり、約11万本のツツジが咲き誇る春が特に美しい。
             
         
     
    松浦市街から、車で20分  
   
   

松浦市役所 農林課 0956-72-1111