高校生の漁業就業促進

高校生の漁業就業促進のヘッダー画像

県では、県内外の高等学校、大学、専門学校等の学生へ本県漁業の魅力をPRするとともに、漁業就業に向けた具体的なイメージを持ってもらうため、別紙のとおり、沿岸漁業への就業希望者を対象とした体験研修を実施しております。

漁業就業に向けた体験研修について[PDFファイル/420KB]

  1. 実施基準
    研修対象:高等学校、大学、専門学校等の学生
    研修先:県内の先進漁家、水産会社(魚類養殖、定置漁業等)など
    研修期間:実体験日数で3日間以内
    支援内容:研修生の旅費、宿泊費(宿泊場所は漁家宅や近くの民宿)、傷害保険料や受入漁家の指導謝金など
    ※研修先の選定や行程の調整は県が行います。
  2. 研修内容
    (1)養殖体験(マグロ、ブリ等の給餌や水揚げなど)
    (2)定置網体験(網持ち、水揚げ、箱立てなど)
    (3)漁船漁業体験(一本釣の操業など)
  3. 直近年度の研修実績
    (1)平成30年度:県内7校32名
    (2)令和元年度:県内3校38名
    (3)令和2年度:県内5校30名
  4. 研修生の感想
    感想1[PDFファイル/115KB]
    感想2[PDFファイル/89KB]

興味のある方は学校や保護者の方を通してでも構いませんので、長崎県水産部水産経営課(TEL:095-895-2832、Mail:t06340@pref.nagasaki.lg.jp)にお問い合わせください。

研修の運用[PDFファイル/118KB]

申請様式[Wordファイル/39KB]

このページの掲載元

  • 水産経営課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2832 (水産経営課 漁村振興班) 095-895-2833 (水産経営課 経営金融班 )
  • ファックス番号 095-895-2583