長崎県酒類販売事業者支援金について(令和3年8月~9月影響分)

 

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、長崎市・佐世保市へまん延防止等重点措置が適用されたことに伴い、事業収入が減少した長崎県内の酒類販売事業者(酒造業者を含む。以下同じ。)に対し、長崎県酒類販売事業者支援金を給付します。

1.支援額

令和3年8月、9月の月間事業収入と対2020年(または対2019年)同月を比較した減少率に応じて給付します。

 ①事業収入の減少率が30%以上50%未満

 (8月、9月が連続して15%以上減少した場合、9月については減少率が30%以上50%未満と同等の取扱い)

  ・法人:20万円/月(上限)×最大2ヶ月

  ・個人事業者:10万円/月(上限)×最大2ヶ月

 ②事業収入の減少率が50%以上70%未満

  ・法人:20万円/月(上限)×最大2ヶ月

  ・個人事業者:10万円/月(上限)×最大2ヶ月

 ③事業収入の減少率が70%以上90%未満

  ・法人:40万円/月(上限)×最大2ヶ月

  ・個人事業者:20万円/月(上限)×最大2ヶ月

 ④事業収入の減少率が90%以上

  ・法人:60万円/月(上限)×最大2ヶ月

  ・個人事業者:30万円/月(上限)×最大2ヶ月

 ※売上減少額から国の月次支援金(減少率50%以上の場合、法人20万円、個人10万円)や、県と市町が連携して支給する長崎県事業継続支援給付金(減少率30%以上50%未満の場合、一律10万円)を控除した金額

(給付イメージ)[PDFファイル/4KB]

 

2.申請要件

支援金の申請をできる者は、次の1~5全ての要件を満たす酒類販売事業者です。

 1.令和3年8月25日時点において、法人の場合は本社所在地、個人事業者の場合は住民票上の住所が、長崎県内にあること

 2.令和3年8月、9月のいずれかの月間事業収入(申請者が営む事業の全事業収入)が対2020年(または対2019年)の同月比で30%以上減少また は8月、9月連続して15%以上減少していること

 3.令和3年8月27日から9月12日の間、県の営業時間短縮要請や酒類提供自粛に協力した長崎市・佐世保市内の飲食店と直接・間接の取引があること

 4.令和3年8月分、9月分の県の大規模集客施設時短要請協力金及び市町の飲食店等営業時間短縮要請協力金の対象でないこと

 5.令和3年3月31日以前から、県内で事業を営んでいること

3.申請先

850-8691 長崎中央郵便局 私書箱第63

長崎県酒類販売事業者支援金申請受付センター 宛

※郵送のみ。「簡易書留」や「レターパック」など郵便物が追跡できる方法でお願いします。

4.申請期間

令和3年1013日水曜日から令和3年1215日水曜日まで  消印有効

5.申請書類等

01_申請要領一式10.12[PDFファイル/2MB]

①長崎県酒類販売事業者支援金申請書(様式第1号)

②誓約書兼同意書(様式第2号)

③酒類の製造免許または販売業免許通知書の写し

④2020年の確定申告書の控えの写し

⑤事業収入を2019年分と比較する場合は2019年の確定申告書の控えの写し

⑥2020年または2019年の月間事業収入が確認できる書類(下記参照)

  •  法人:法人事業概況説明書の写し
  •  個人:所得税青色申告決算書または事業収入が確認できる帳簿等の写し

 ※2020年または2019年いずれかのみと比較する場合はその年度、両方の年度と比較する場合は両方の年度の書類が必要です。

⑦20218月、9月の月間事業収入が確認できる帳簿等の写し

⑧営業時間短縮要請等の影響を受けたことを証明する書類 ※申請書類チェックシートなどを参照

⑨振込先口座の通帳の見開き1ページ目の写し

⑩運転免許証など、本人を確認できるものの写し 個人事業者の場合のみ

⑪チェック後の申請書類チェックシート

 ※必要に応じて追加書類の提出や説明を求めることがあります。

 ※提出いただいた申請書類は返却いたしません。

6.よくあるお問い合わせ

 

10.20追加 06_酒類販売事業者支援金QA[PDFファイル/14KB]

7.お問い合わせ先

長崎県酒類販売事業者支援金コールセンター 050-8881-8652

開設時間 令和3年10月13日水曜日から令和3年12月17日金曜日まで

       9時00分~17時00分(土日祝を除く)

このページの掲載元

  • 産業政策課
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2611
  • ファックス番号 095-895-2579