長崎県

キャッシュレスの推進

県では、事業者の生産性向上や消費者の利便性向上につながるキャッシュレス化を推進しています。

 

「キャッシュレス」とは

 広汎に共通的に認識されている定義は存在しないため、物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態を指します。

キャッシュレス手段の主なものとしては、交通系電子マネー、デビットカード、プリペイドカード、クレジットカード、QRコードがあります。 

キャッシュレスの主なメリット

 消費者にとって

・大金や小銭の不便さがなく、簡単に買物が可能

・データの利活用(家計簿など)による利便性が向上  など

事業者にとって

・消費単価の上昇が見込める

・レジ締めや売上管理が容易になり、人材不足対策に繋がる

・訪日外国人需要を取り込める(約5割がクレジットカードを利用している) など

国(経済産業省)の取組

キャッシュレス・消費者還元事業

国において、2019年10月1日の消費税率引上げに伴う需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9ヶ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援しています。また、キャッシュレス決済端末の導入や決済手数料に対する補助も用意されています。事業の詳細や主要なキャッシュレスサービスについては、以下をご参照下さい。

「キャッシュレス・消費者還元事業」

主要なキャッシュレスサービス[PDFファイル/1MB]

また、対象店舗を検索するため、地図アプリ・ホームページ上の地図機能が公表されています。ホームページ上の地図機能は、以下「使えるお店を探す」をご確認ください。地図アプリは、「ポイント還元の公式アプリ」からダウンロードしてください。

 「使えるお店を探す」 

このページの掲載元

  • 経営支援課
  • 住所:長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2651
  • ファクシミリ:095-895-2580
先頭に戻る

メニュー