長崎県

アフリカ馬疫


2020年7月27日更新

アフリカ馬疫は、吸血昆虫が媒介する馬属のウイルス性疾感染症です。

馬属のなかでは馬が最も感受性が高く、病型によっては致死率が95%越える場合もあります。

常在地は、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南に限られますが、吸血昆虫や感染動物の移動などにより、地中海沿岸、中近東からインド、スペイン、ポルトガルでも流行したことがあります。

これまで、わが国では発生はありませんが、最近、タイにおいて発生が確認されており、国内への侵入リスクが高まっています。

 

タイにおける発生状況 (2020年6月26日までの報告)

  • 発生日:2020年2月24日から6月16日
  • 発生数:15件(604頭感染、562頭死亡)

   最新の発生情報はこちら(OIEウェブサイト)

 

(参考)動物衛生研究部門ウェブサイト 家畜疾病図鑑Web  家畜の監視伝染病

 

 

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー