島原地域(島原市・雲仙市・南島原市)

このページを印刷する

地域の特色

1  火山と人が共生する地、島原半島

平成新山(雲仙岳) 雲仙火山の活動によって生まれた島原半島全域が「島原半島ユネスコ世界ジオパーク」となっています。
 雲仙岳は有史以降3回の災害を起こしており、近年では平成2年から7年までの火山活動で火砕流などの災害が発生しましたが、見事に復興を遂げております。また、火山の恵みである肥沃な土壌や豊かな湧水などを活かした農業や、いくつもの温泉を活かした観光業など、火山と共生した暮らしが営まれています。
 また、火山について楽しく遊んで学べる体験型ミュージアム「がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)」が島原市内にあります。

 

 

2 一億人のいぶくろ・島原半島

ばれいしょの収穫体験 島原半島はその形が人の胃袋に似ており、農林水産業が盛んであることから「一億人のいぶくろ」とも呼ばれています。
 火山の恵みにより土壌が肥沃であることから農業が盛んで、長崎県の農業産出額の約4割を島原地域が占めています。大根や人参、レタス、いちごなど多種多様な品目が生産されており、特に長崎県が全国で3番目の生産量を誇るばれいしょ(じゃがいも)はその多くが島原半島で生産されています。また、牛、豚、にわとりなどの畜産も盛んです。
 半島は、有明海と橘湾に囲まれており、アラカブやタコなどの海産物も特産品になっています。

 

 

移住体験受入地域の概要

集落名 集落の概要

島原市有明町野田集落
集落移住支援シート[野田集 落][PDFファイル/3MB]

島原市の中心市街地から車で20分程度の緑に囲まれた静かな地域。                                             穏やかな気候で育ったお米や野菜、天然の湧水が自慢。

雲仙市千々石町上岳集落
集落移住支援シート[上岳集落][PDFファイル/1MB]

雲仙温泉街から車で10分。全国「棚田百選」を有する集落。
明治40年代に設置された水力発電所があり、水力発電と水田が共存しています。

雲仙市千々石町下岳集落     集落移住支援シート[下岳集落][PDFファイル/1MB]

雲仙温泉街から車で10分。全国「棚田百選」を有する集落。明治40年代に設置された水力発電所があり、水力発電と水田が共存しています。

南島原市加津佐町上登龍集落(更新しました)      集落移住支援シート[上登龍集落][PDFファイル/1MB]             

南島原市最西端の町、加津佐町の山間に位置する集落。                                         県道209号線沿いにあり、スーパー等にも車で10分。

南島原市西有家町砥石川集落(更新しました)          集落移住支援シート[砥石川集落][PDFファイル/2MB]

南島原市の中心、西有家町にあり、市街地から車で20分程度の集落。                                 周囲を山林に囲まれ、夏は涼しく、森林浴が楽しめます。

南島原市西有家町龍石丸島集落(新規)              集落移住支援シート[丸島集落][PDFファイル/2MB]

市の中心部、国道まで車で5分。夏は涼しく、自然豊かで森林浴が楽しめます。そうめんをはじめとした製麺業が盛ん。     

南島原市深江町内野末宝集落(新規)               集落移住支援シート[内野・末宝集落][PDFファイル/2MB]

「湧水」がウリ。水がきれいで初夏にはホタルが乱舞します。湧水でつくる自慢の棚田米や海まで車で10分と山も海も楽しめる。

長崎県への移住について

長崎県移住支援公式HP ながさき移住ナビ(新しいウインドウで開きます)

 

このページの掲載元

  • 農山村振興課
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2915
  • ファックス番号 095-895-2587