長崎県

GAP(農業生産工程管理)

GAPとは

農業生産工程管理(Good Agricultural Practice)の略称です。
 

農業者自らが、農作業の点検項目を決定し、点検項目に従い記録し、また記録を点検・評価し、改善点を見出し、さらに次回の作付けに活用するという一連の管理のことです。

長崎県版GAP

 

長崎県版GAPは、農業生産過程における環境負荷の低減と農産物の安全性、及び消費者・農業者の健康維持・増進をさらに推進するため、全国に先駆けて、県としてGAP(農業生産工程管理)の推進方針を謳い、併せて導入・管理指針、点検様式(チェックシート)を備え、「人と環境にやさしい長崎県農林漁業推進条例」に沿って長崎県が目指すべき農業の姿の具体化をさらに推進するため策定されました。

 

 

GAP推進パンフレット[PDFファイル/915KB]

このページの掲載元

  • 農業経営課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2931
  • ファクシミリ:095-895-2591
先頭に戻る

メニュー