長崎県

鳥獣対策の基本指針と現状

長崎県野生鳥獣被害対策基本指針

マニュアル等のイメージ

本県の鳥獣被害対策事業の概要を、図や写真を交えて解説しています。
対策マニュアルとしても役立ちますので、ぜひご一読ください。

長崎県の鳥獣被害状況および鳥獣捕獲状況等

長崎県では、最も被害を出しているイノシシの対策を主軸に、各種鳥獣対策を進めています。
全国的な被害状況は農林水産省/鳥獣被害対策コーナー(外部サイト)にて公開されています。

  • 長崎県における野生鳥獣の被害状況

野生鳥獣による農作物の被害状況(平成3年から令和元年まで)[PDFファイル/87KB]
令和元年度の農作物被害は約1億4,184万円で、そのうち約8,157万円(約6割)がイノシシによるものです。

  • 長崎県における鳥獣捕獲状況

令和元年度 主要鳥獣捕獲数推移[PDFファイル/231KB]
令和元年度の主な鳥獣の捕獲数は、イノシシ37,125頭、シカ13,809頭、特定外来生物のアライグマ2,053頭です。

  • 長崎県における狩猟免許所持者数等

令和元年度 狩猟免許所持者数及び狩猟者登録者数[PDFファイル/175KB]
令和元年度末時点での長崎県の狩猟免許所持者数は3,583名で、増加傾向にあります。

 

このページの掲載元

  • 農山村振興課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2915
  • ファクシミリ:095-895-2587
先頭に戻る

メニュー