長崎県

技能検定試験

新着情報

 

 労働者の職業に必要な技能を一定水準によって評価する国家検定制度で、職種ごとに特級、1級、2級、3級及び単一等級に区分され、合格者には厚生労働大臣又は知事より合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。
 全部で130職種あり、長崎県では76職種を実施しています(令和元年度)。
 別途外国人の技能実習生を対象とした技能検定(基礎級、随時3級)も随時実施しています。

 長崎県での試験実施機関 : 長崎県職業能力開発協会(電話095-894-9971)

合格証書の再交付申請

 過去に技能検定試験に合格され、合格証書の交付を受けた方で、事情により紛失された場合は、本人の申請により合格証書の再発行ができます。
 具体的には「技能検定合格証書再交付申請書」を県ホームページからダウンロード(ページが移動します)し、必要事項を入力(記入)し、2,000円の長崎県収入証紙を貼付のうえ長崎県雇用労働政策課へ提出願います。
 なお、本人確認のため身分証明書(運転免許証)のコピーをとらせていただいておりますので、ご持参ください(郵送の場合はコピーを同封してください)。
 また、技能検定合格後に婚姻等により姓が変わった方は、戸籍の原本が必要です。

令和元年度技能検定実施について

後期技能検定の詳細は、令和元年9月2日(月曜日)付け長崎県公報号外(2)により公示しています。

【お知らせ】

  • 本人確認書類の提出が必要になります。
    平成29年度後期試験より、受検申請時に本人確認書類の提出が必要になります。
    詳しくはこちらをご確認ください。
  • 実技試験手数料の減免措置が拡充されます。
    平成29年度後期試験より、若者の技能検定受検料が減額されます。
    詳しくはこちらをご確認ください。

  (実技試験手数料の減免措置)
  (1)実技試験実施日が属する年度の4月1日において35歳に達していない者が2級又は3級の実技試験を受検する場合
    減免後の実技試験手数料 9,200円(従来18,200円)

  (2)職業高校等の在学生が3級の実技試験を受検する場合
    実技試験手数料 12,100円(従来と同じ)

  (3)(2)のうち実技試験実施日が属する年度の4月1日において35歳に達していない者
    減免後の実技試験手数料 3,100円(従来12,100円)  

    ○上記の各試験手数料は、令和元年10月1日以後の金額です。

令和元年度技能検定合格発表

令和元年度技能検定の合格者は次のとおりです。

このページの掲載元

  • 雇用労働政策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2711
  • ファクシミリ:095-895-2582
先頭に戻る

メニュー