長崎県

ながさき県Society5.0セミナー(2020年12月21日開催)


2021年2月4日更新

 長崎県では県内市町と連携し、IoT、AI、ドローン等の先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、経済発展と社会課題の解決を両立する新たな社会である「Society5.0」の実現に向けた取組を進めております。
 そこで、県において、Society5.0実現に向けた取組を推進していくため、本年9月に、県内の誘致企業を含む
IT企業、大学、金融機関、有識者、各種業界団体、市町の産学金官による「ながさきSociety5.0推進プラットフォーム」を立ち上げたところです。
 しかしながら、Society5.0実現については、様々な主体による取組や連携・協働が必要不可欠であることから、
民間企業や県民・市民の皆さまにSociety5.0について理解を深めていただく機会として、この度、
福祉・介護分野でICT活用の取組を進められている企業から講師をお招きし、壱岐市の協力のもと「Society5.0」に関するセミナーを下記のとおり開催しました。

 

1.日時 

令和2年12月21日(月曜日) 18時30分から20時15分

 

2.場所

壱岐の島ホール 中ホール(壱岐市郷ノ浦町本村触445番地)
 ※ セミナーについては、オンラインで視聴可能

3.内容

 (12月17日追記)
 直近の新型コロナウィルス感染症の感染拡大の状況を受けまして、以下、形式を変更しております。
 第一部の講演について、オンラインでの講演に変更しております。
  ※会場からもオンラインでつなぎ、会場にて講演を視聴できます。PC等の持ち込みは不要です。
 第二部のワークショップの参加条件に、県内在住であることを追加しています。

第一部:セミナー (会場定員:50名、オンライン定員:200名)

 【講演1】 18時30分から18時40分 ※オンラインでの講演
  演題:Society5.0とDXについて
  講師:長崎県 企画部・産業労働部 政策監
      三上 建治 氏

  講演資料
  201221【概要】長崎県Society5.0実現に向けて(壱岐、三上)[PDFファイル/2MB]

 【講演2】 18時40分から19時20分 ※オンラインでの講演
  演題:「人間」と「テクノロジー」の共生による新しい介護のあり方
  講師:SOMPOホールディングス Future Care Lab in Japan 所長
      片岡 眞一郎 氏

  講演資料
  ながさき県Society5.0セミナー講演資料(SOMPO)[PDFファイル/6MB]

第二部:ワークショップ(会場定員:30名)
※参加条件:県内在住で福祉に関係する方々(事業者、行政、民間企業、など)
   19時30分から20時15分
  テーマ:働きやすい福祉・介護現場の変革をめざして

 

4.参加者

参加者数 68名(現地参加 30名、オンライン参加 38名)

 

5.資料

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー