土地取引事後届出制度について

このページを印刷する

(1)次の条件を満たす土地取引に当たっては届出が必要です。

 1.取引の形態

  • 売買
  • 交換
  • 営業譲渡
  • 譲渡担保
  • 代物弁済
  • 現物出資
  • 共有持分の譲渡
  • 地上権・賃借権の設定・譲渡
  • 予約完結権・買戻権等の譲渡
  • 信託受益権の譲渡
  • 地位譲渡
  • 第三者のためにする契約

 (※これらの取引の予約である場合も含みます。)

 2.取引の規模(面積要件)

  (1)市街化区域             2,000平方メートル以上

  (2)(1)以外の都市計画区域     5,000平方メートル以上

  (3)都市計画区域外           10,000平方メートル以上

(2)届出の手続きについて

  届 出 者  土地の権利取得者(売買の場合であれば買主)

  届出期限   契約締結日から2週間以内(契約締結日を含みます。)

  届出窓口  土地の所在する市町役場

  提出書類  (1)届出書(2)契約書の写し(又はこれに代わる書類)(3)位置図(4)地形図(5)その他

  事後届出の様式はこちらからダウンロードできます。→土地売買等届出書(事後届出)様式[Excelファイル/226KB]

 

(3)届出の流れについては、こちらをご覧ください。→ 届出の流れ[PDFファイル/256KB]

 

このページの掲載元

  • 土地対策室
  • 郵便番号 850-8570  
    長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話番号 095-895-2041
  • ファックス番号 095-895-2558