長崎県

委員会の流れ

長崎県公共事業評価監視委員会の流れ

  長崎県公共事業評価監視委員会 各事業実施主体
前年度
1月
  ・次年度審議予定事業のとりまとめ
2月~3月   ・評価調書(対応方針(原案))の作成
審議実施年度
4月
  ・評価調書のとりまとめ
6月 ・第1回委員会
(事業実施主体より対応方針(原案)の説明)
 
7月 ・第2回委員会(現地調査)  
8月 ・第3回委員会(詳細審議)
・委員会から知事へ意見書提出
 
9月   ・評価結果を公表
・評価結果を議会へ報告
10月   ・対応方針の決定
・対応方針の公表
2月   ・次年度予算へ反映

1 実施主体が行う評価、評価調書等の作成

 再評価対象事業(運営要領第2 別記1)[PDFファイル/82KB]

 事後評価対象事業(運営要領第2 別記3)(PDF/93KB)

2 実施主体による対応方針(原案)の作成

 再評価:「継続」「見直し継続」「休止」「中止」の対応方針(原案)を作成する。
 事後評価:同種事業への反映等について対応方針(原案)を作成する。

3 知事からの諮問を受け、委員会で調査審議 

4 知事への意見書提出

5 対応方針の決定

 事業主体は委員会意見を最大限尊重して対応方針を決定する。
 また、当該事業の所管省庁に報告する。

6 対応方針の公表

 

このページの掲載元

  • 建設企画課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-894-3021
  • ファクシミリ:095-894-3461
先頭に戻る

メニュー