長崎県

助成制度

 住宅の耐震化

【木造住宅やブロック塀の地震に対する補助】

(長崎県耐震・安心住まいづくり支援事業)

  • 事業概要

昭和56年5月31日以前に建てられた戸建て木造住宅の耐震化を市町と一緒に支援しています。(既存制度に加えて新制度が創設されました。)

  • 補助メニュー

【耐震診断】

①耐震診断

自己負担15,400円で実施できます。

耐震診断費 46,200円のうち 30,800円を補助)

 【耐震改修計画の作成・耐震改修工事】※各制度で補助内容が異なります

(既存メニュー)

②耐震改修計画の作成

35,000円~70,000円  を補助

(一般的な設計費用は概ね10~15万円)

 ③耐震改修工事

 工事費の1/2~3/4 を補助

(上限600,000円~900,000円)

(総合支援メニュー)

②耐震改修計画の作成

③耐震改修工事

 ②と③を併せて実施する場合は工事費の80%を補助します。

(上限670,000~1,000,000円)

(長崎県危険ブロック塀除却支援事業)

  • 事業目的

地震発生時のブロック塀等の倒壊などによる災害を未然に防止するため、県内の市町と連携し、小中学校の通学路にある転倒・倒壊の危険性のあるブロック塀等の撤去を行う方へ支援を行います。

  • 補助対象者

危険なブロック塀等を除却する方(※市町民税非課税者) 

  • 補助対象ブロック塀等

小中学校の通学路に面した部分において、通学路からの高さが1m以上又は擁壁上にある50cm以上のコンクリートブロック塀等で、市町職員が危険と判断したもの。

  • 補助率

危険なブロック塀の除却にかかる費用で、市町補助と合せて200千円が上限になります。

  • 補助内容

ブロック等の除却費(※集積までの費用で、廃棄物処分費は含みません)

住宅のリフォーム・中古住宅取得 

【多子世帯や3世代同居・近居するためのリフォーム、中古住宅取得に対する補助】

(長崎県子育て応援住宅支援事業)

  • 事業概要

安心して子育てができる住環境整備のため、多子世帯や新たに3世代 (親、子、孫など)で同居・近居するための中古住宅の取得や住宅の改修を支援します!

  • 事業目的

安心して子どもを産み育てることのできる住まい・居住環境の整備を支援することで、出生率の向上や子育て環境の充実を図ります。

  • 対象者
    1. 多子世帯で中古住宅を取得又は取得時にリフォームを行う者
    2. 3世代同居・近居のため、中古住宅を取得又はリフォームを行う者
  • 補助メニュー・補助額 

対象者

メニュー

(補助金交付決定後に行う以下の内容が対象)

補助額

多子世帯

①中古住宅を取得
②取得時のリフォーム工事

補助額
補助率1/5(上限40万円)
※対象経費の合計に対して

3世代
同居・近居

①中古住宅を取得
②リフォーム工事

お知らせ   

※【フラット35】子育て支援型について制度の詳細については、

住宅金融支援機構のホームページ(http://www.flat35.com/loan/flat35kosodate/)をご覧ください

【住宅の取得に対する給付】※国の支援制度です。

【既存住宅の長寿命化や3世代同居の実現に資するリフォームに対する補助】※国の助成事業です。

 市町のリフォームに係わる支援制度について

※下記サイトからお住まいの市町を検索ください。

このページの掲載元

  • 住宅課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号 行政棟6階
  • 電話:095-894-3101
  • ファクシミリ:095-894-3464
先頭に戻る

メニュー