長崎県

地すべり防止区域

 地すべりとは、地下水などの影響により斜面の一部や全部がゆっくりと斜面下方に移動する現象のことです。
 地すべり防止区域とは、この地すべり地域の面積が一定規模以上のもので、河川、道路、官公署、学校などの公共建物、一定規模以上の人家、農地に被害を及ぼすおそれのあるものとして、国土交通大臣が指定した土地のことです。
 この土地においては、地下水を増加させる行為、地表水の浸透を助長する行為、のり切、切土、工作物の設置など地すべりの原因となる行為が制限されます。
 地すべり防止区域の中でこれらの行為をしようとする場合には、その区域を所管する振興局建設部までご相談ください。
 なお、地すべり防止区域には、農林水産大臣が指定したものもあり、その場合は農林部森林整備室(保安林・保安施設地区等の存する地域の場合)、または農林部農村整備課(土地改良事業が施行されている地域等の存する地域の場合)へご相談ください。

このページの掲載元

  • 砂防課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-820-4788
  • ファクシミリ:095-824-7175
先頭に戻る

メニュー