長崎県

ダムの目的・効果

石木ダムには3つの役割があります

1.洪水を調節します

2.流水の正常な機能を維持します

3.水道用水を供給します

 

1.洪水を調整します 

ダム地点において計画高水流量280m3/sのうち220m3/sをダムで調節して、下流の河川流量を低減させ、洪水被害の軽減を図ります。

 

川棚川の過去の被害状況・新聞記事

過去の洪水状況写真

 ダムによる洪水調節の概念

 

ダムがないと・・・ ダムがあると・・・

 

 

2.流水の正常な機能を維持します

渇水時においても水の流れを安定させ、既得水道用水(川棚町水道用水、佐世保市水道用水等)、既得農業用水を確保するとともに、水生生物の生息・生育環境や河川の景観を保全します。

 

川棚町の渇水被害

 

 

3.水道水を供給します

佐世保市の新たな水源として、日量4万m3の水道用水を供給します。
 
                        

 
※不安定水源:安定して取水できない河川表流水や湧水のことです。
 
●[ 佐世保市の渇水被害 ]

このページの掲載元

  • 石木ダム建設事務所
  • 住所:〒859-3604 長崎県 東彼杵郡 川棚町 石木郷195番地1
  • 電話:0956-82-5109
  • ファクシミリ:0956-83-2944
先頭に戻る

メニュー