長崎県

西九州ルートの概要

ルートについて

九州新幹線西九州ルートは、長崎市(長崎駅)と福岡市(博多駅)を結ぶ約143kmの新幹線ルートです。

長崎-武雄温泉間については、フル規格で整備が進められており、2022年度に武雄温泉駅での【※1】対面乗換方式(リレー方式)により開業する予定となっています。

当初の計画では、【※2】フリーゲージトレイン(FGT)の導入が予定されており、武雄温泉-新鳥栖間は在来線、新鳥栖-博多間は九州新幹線鹿児島ルートを運行する予定でしたが、FGTの導入が断念され、整備のあり方について、与党の国会議員による検討委員会において、新鳥栖-武雄温泉間はフル規格で整備することが適当であるとの基本方針が示されました。今後、関係者間で協議を行い、検討を深めていくことになります。

【※1】対面乗換方式(リレー方式)…新幹線と在来線特急を同じホームで乗り換えることです。

【※2】フリーゲージトレイン(FGT)…レールの幅(軌間)が違う新幹線(標準軌1,435ミリメートル)と在来線(狭軌1,067ミリメートル)に合わせて車輪の間隔を変えることができる電車です。

 

所要時間について(2022年度対面乗換方式による開業時)

 対面乗換方式による運行の場合、長崎・博多間の所要時間は、乗換時間も含めて、最速約1時間20分程度(国土交通省試算)となる予定であり、現行の最速のかもめ1時間49分と比較して、約29分の短縮となります。なお、かもめの平均所要時間は2時間であるため、それと比較すると約40分の短縮となります。

 

 

このページの掲載元

  • 新幹線対策課
  • 住所:長崎県長崎市尾上町3番1号
  • 電話:095-895-2066
  • ファクシミリ:095-895-2545
先頭に戻る

メニュー