「地震に負けないための橋の工事を見てみよう+工場見学ツアー」~親と子の現場見学会

このページを印刷する

一般国道202号の荒川橋において、親と子の現場見学会を開催しました。

荒川橋は、平成29年度から橋を地震に強くするための工事を行っており、現在は、橋を支えるための「支承」の取り替えや、地震の力を吸収する「制震ストッパー」等の設置を行っています。

見学会では、橋の下にもぐり、工事内容をクイズ形式で説明しました。

また、工事の請負業者である 株式会社 大島造船所の工場見学を行い、普段見ることができないモノづくりの現場を見ていただきました。                    

 

 

 

このページの掲載元