長崎県の若手技術職員が新幹線工事現場を見学させていただきました(令和2年12月22日)

このページを印刷する

令和2年12月22日(火曜日)、長崎県の若手技術職員(土木・建築)約30名が研修の一環として、新幹線工事の現場を見学させていただきました。

大村市内の大村車両基地、新大村駅、木場トンネル、諫早市内の新諫早変電所、諫早駅の見学を行い、各現場の概要はもちろんのこと、技術的な面からも説明をいただきました。

その中で、土木工事の現場である木場トンネルにおいては、地形などの制約から、縦断方向にトンネルの真ん中が低いV字形のトンネルとなっており、一番低いところに集まってくる水をポンプアップして排水するための揚水立坑の現場も見学させていただきました。そして、V字形のトンネルのために下り勾配での掘削が余儀なくされ、強制排水をしながらの掘削になったこと、その他にも低土被り区間の掘削方法などの説明を受けました。

参加した職員は、今回の見学を通して、今後の業務の参考となる知識を得る大変貴重な機会となりました。

鉄道・運輸機構や施工業者のみなさまにおかれましては、年末のお忙しい中、ご対応いただきありがとうございました。

 

大村車両基地での見学の様子
 【大村車両基地での見学の様子】
見学した大村車両基地の様子
【見学した大村車両基地の様子】
新大村駅での見学の様子
【新大村駅での見学の様子】
木場トンネル揚水立坑の見学の様子
【木場トンネル揚水立坑の見学の様子】
木場トンネル揚水立坑
【木場トンネル揚水立坑】
新諫早変電所での見学の様子
【新諫早変電所での見学の様子】

 

このページの掲載元

  • 新幹線事業対策室
  • 郵便番号 850-8570 
    長崎市尾上町3番1号 6階
  • 電話番号 095-894-3131
  • ファックス番号 095-894-3486